COFFEE COLORS ロースター&バリスタ

ccolors.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 26日

コーヒー豆価格改定のお知らせ

いつもご愛顧誠にありがとうございます

この度2月1日より店頭販売、ネットショップの焙煎豆について
一部商品の価格改定を実施させていただきます

価格改定(値上げ)に至った理由は昨年からの電気料金値上げより
派生した原材料、資材包材、その他経費の増加と4月に実施される
消費税増税への対応です

今回価格改正のブレンド品の内容につきましては全て店頭価格で
100g650円~680円で販売しておりますスペシャルティーグレード
のシングルオリジン(ストレート豆)のみを配合したものです

※ストレート豆の価格は現行のまま据え置きさせていただきます

現在の品質を維持しながら継続的にご提供するために必要な最小限度
の値上げですので何卒ご理解と引続きのご利用を賜りますよう心より
お願い申し上げます           

                コーヒーカラーズ代表 木村希士


価格改定日 平成26年2月1日より

【店頭販売】               【改定後】
スペシャルブレンド 100g 530円 → 580円
スタンダードブレンド100g 450円 → 500円
マイルドブレンド  100g 450円 → 500円
ストロングブレンド 100g 480円 → 530円
フレンチブレンド  100g 450円 → 500円

【ネットショップ販売】          【改定後】
スペシャルブレンド 200g 1,060円 → 1,160円
スタンダードブレンド200g  900円 → 1,000円
マイルドブレンド  200g  900円 → 1,000円
ストロングブレンド 200g  960円 → 1,060円
エスプレッソブレンド200g 1,100円 → 1,200円

[PR]

# by coffeecolors | 2014-01-26 10:53 | お知らせ
2014年 01月 23日

2月価格改定のお願い

日頃のご愛顧誠にありがとうございます

この度、コーヒーカラーズでは2月1日より店内飲食
及びコーヒー豆の一部商品を価格改定させて頂きます

大変申し訳ございませんがよろしくお願い申し上げます
詳しくは下記の1月19日フェィスブック投稿コピーをご覧ください

a0143042_133549.jpg



昨年の秋ごろから急に電気代が上がった

新町店は旧店舗部分と新店舗の一般電灯2口
製菓、製パン用の業務用動力電源1口
そしてベイブリッジ店を合わせると月額で3万円以上
ものコストアップになった

それと同時に灯油やガソリン等の石油製品も上がり続け
食材、資材、包材等の仕入先は当然のごとく強制的に
値上げを続ける

私もサラリーマン時代、経験があるがこのような時は
顧客をABCランク付けして値上げの幅や時期を決める

超大口チェーンや企業系列の店舗に至ってはSAランク
と言う格付けで特別扱いするが個人事業主はABCにすら
入らないDランクとされ一般的な値上げ以上の上乗せ
をされる

正に富める者が更に富み、搾取される者は更に搾取される
格差社会の現実がここにある

今では総コストが昨年より月間20万円近く増え経営を
圧迫し続けている

運転資金や自己資産を持つ経営者なら一時的な問題として
タイミングを見計らって解決策を探るであろうが・・・

今のコーヒーカラーズにとっては毎月が死活問題である

今期の消費税も全く支払える目途が無いのに4月以降は8%
の増税が目の前に迫る

そんな現実の壁を越えて事業を持続継続させるためには
自分の付加価値を高め認めて頂くこと、つまりブランド
としての価値を磨き上げるしか方法はない

値上げをすると言うことは大きなリスクではあるが相当
いやそれ以上の価値を認めて頂ければブランドどしての
成長が評価されたこととなる

厳しい道ではあるが、今そしてこれからの将来に於いても
コーヒーカラーズの進む道は

「良いコーヒー」「良い商品」 「良いサービス」
「良い素材」  「良い雰囲気」「良い接客」
「良い情報」  「良いお客様」「良いお店」

この全ての「良い」が「安い」に変わることは無いと考える

1杯 50円 100g 50円 1食 50円

この価格改定、ハッキリ言えば値上げを決断し実行するまでに
どれだけ苦悩し試行錯誤を重ねたのか

その片鱗だけでもご理解いただきたいと想い

言い訳がましいのは承知の上で、今日は投稿させて頂きます

皆様の厳しく、温かい目でこれからもコーヒーカラーズを
ご支援応援ご利用頂ければ幸いです

私どもの創るコーヒーは貴方と貴方の周りの大切な人を
必ず幸せにするチカラがあります・・・ 本当です!
[PR]

# by coffeecolors | 2014-01-23 13:04 | お知らせ
2013年 12月 02日

豆売りの こだわり 撤回いたします!

こだわり という言葉は苦手だ

心を固くし、つい保守的になってしまう

の つもりが、コーヒーの事になると つい
気をつけてはいるのだが・・・

11月から始めたコーヒーカラーズビーンズネットショップ
良い豆の魅力をそのまま確実にお届けしたい、そんな思いで

「豆限定販売、粉に挽いての販売はお断り」

オープンから1月経った今、良~く考えてみると 何かが違う
もしかして、お客様を選別しているんでは? という疑問

皆が皆、コーヒーミルを持って挽きたて淹れたて出来る環境
には無いはず

あっ! また悪いクセが・・・ これって こだわり だ

自分の大事な価値観を守るための 確執 執念 拘り

美味しいコーヒーを楽しみたいと思う気持ちはマニアも
初心者も、器具や道具を持ってない人も同じはず

全ての工程でベストが尽くされた云々 

スペシャルティーコーヒーの定義だが、もしかして一方的な
押付けになっているんでは?

もっと優しくて、入りやすいコーヒーの世界の導入口
何かいい方法はないだろうか? 

そんなこんなで、すぐに答えは出ませんが取り急ぎ出来ることは
多くのお客様の要望にお応えすること

つまり、コーヒー豆をお挽きして販売する、その上で徐々に本物の
コーヒーがもつ本来の魅力を最大限に引き出す

そんな価値観をご対案して、将来的にはミルを持って豆での購入に
ステップアップして頂けるようなサポートを続けたいと考えます

と言うことで 本日からコーヒーカラーズビーンズネットショップ
では 豆 細挽き 中挽き 粗びき の選択項目が追加されました

頑固になったり 柔軟になったり 変わり身の早いわがまま店主ですが
美味しコーヒーで1人でも多くの方々に幸せを届けたいと言う一心から
毎日、試行錯誤で頑張って参ります

何卒、ご支援とご利用をお願い申し上げます。 店主 木村希士(きむらまれひと)
[PR]

# by coffeecolors | 2013-12-02 11:39 | お知らせ
2013年 11月 23日

みんな違って みんな良いんだよ!

長女が小さい時に 幼稚園で教わり 言った言葉

ベイブリッジ店のカウンターに並んだ 様々なコーヒー器具

a0143042_11145650.jpg



手前から ダッチ(水出し) ケメックス クレバー エアロプレス

ちょっと見ずらいけど 次がカフェプレス ネルドリップ 

カリタドリップ ウエーブスタイル サイフォン エスプレッソ

他にも色々な抽出器や方法がありますが・・・

私がコーヒー業界に入ってすぐの頃は、気難しい頑固な喫茶店主が
とても多く、よくつかまっては様々なご講義を聞かされた

中でも一番多かったのが、自慢の抽出器と抽出方法について

如何に自分の技が凄くて、他の店はダメなのかを
ずーっと聞かされるのです

転勤や出張も凄く多かったので、日本全国の様々なスタイルのお店を
見ることが出来たし、店主やバリスタの話を直接聞くことも出来た

ベテランになってからは開業を目指す経営者やスタッフトレーニング
も承りコーヒーのコンサルティングセールス的な仕事もした

そんな経験中から導き出した一つの答え

それが 「みんな違って みんな良い」

未だに、自分や自分たちの組織やグループが推奨する抽出方法だけを
正しいと言い張り、他店や他のグループを非難する輩もいますが

そんな心の狭い人の言うことは絶対に信用しないで下さい!

それぞれの器具の正しい最適な使い方でテイスティングすると
様々な香味特徴や魅力を感じることが出来ます


ベイブリッジ店のカウンターは コーヒーラボ 

ランチや繁忙期以外の、落ち着いた時間帯は

ちょっと我がままリクエストで、ゆっくりと

様々な抽出器の味の違いを楽しんでみてください
[PR]

# by coffeecolors | 2013-11-23 11:14 | 日々の出来事
2013年 11月 21日

ロースターの仕事は?

焙煎は単純な作業だと少し前の投稿で書きましたが
少々補足をさせていただきます

確かに焙煎という作業は非常に単純で火力調節と
排気ダクトの操作だけで行います

ですから、初めての方でも隣でサポートすればすぐに
美味しいコーヒーを焙煎することが出来ます

私の指示に従って繰り返すことで、私以外の工場長も
バリスタも同じ結果を出すことが出来ます

だから、私が一日中焙煎機にしがみつかなくても当店
のコーヒーは供給可能にしていますが・・・

それって誰でもできるってこと?

a0143042_1824059.jpg


実は、このルーティン化できる部分は、あくまでも焙煎
という作業のこと

焙煎作業ができるから焙煎業ができる訳ではありません

焙煎業全体の中で、最初に注力するのが生豆の選定です
良質で販売コストに見合った最良の原料を見極めること

専門用語ではカッピングとかテイスティングといいます

次に大事なのが素晴らしい素材の生豆を如何に調理するか
素材を生かした香味の創造つまりレシピなんですが

これを専門用語でロースティングプロファイルといいます

そして最終的にお客様が解りやすいように香味特徴や楽しみ方
ロースターコメントとかカッピングコメントで表現します

そして商品として売り出すときに使う商品名やキャッチコピー
を考え販売促進につなげます

いつも小間づかいみたいに走り回る何でも屋店主ですが

この素材選びのカッピングと香味創造のプロファイルづくり
そして各種コメントやキャッチコピーでの販売促進だけは

私自身が直接しなければコーヒーカラーズのコーヒーじゃありません

工場長が毎日やってくれる焙煎作業とか機械メンテナンスがハード部門
だとすると私がやってる原料仕入れ、レシピ、販促作成はソフト部門

皆様の見えない所で、ちゃんと仕事してるんですよ~

流石マスター  少しは偉いでしょ  エッヘン!(照れ笑)
[PR]

# by coffeecolors | 2013-11-21 18:25 | 日々の出来事