COFFEE COLORS ロースター&バリスタ

ccolors.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 29日

エチオピアコーヒーの今 その2 日本のポジティブリスト制度

浅野さんのモカって勝手に言ってますけど、そもそもモカの正確な意味は

エチオピアではなく紅海を挟んだ対岸のアラビア半島イエメンにある昔の貿易港の名前です

元々コーヒーの木はエチオピアの山の中に自生していたのですが、農業として進化したのはイエメンと言われています

コーヒーが持つ覚醒作用を珍重したイスラムの高僧たちが眠気覚ましの秘薬として寺院の裏で栽培し飲用したらしいんです

昔アラブの偉いお坊さんが~ おなじみコーヒールンバの歌い出しの通りですね

そしてイエメンだけでは輸出の量が確保できなくなって原産地のエチオピアまで栽培の手を伸ばしたのが始まりらしいんです

そして15世紀から17世紀にかけてコーヒーはイスラム圏からキリスト圏へと伝わりモカの港は一大貿易港として栄えたそうです

a0143042_11381436.jpg

当時この一帯を支配していたオスマントルコ帝国が紅海を通ってヨーロッパに流れる全てのコーヒーにモカでの納税を義務付けたんです

もはや昔の貿易港の役割を終え漁業と観光の街ですが、今でもエチオピアもイエメンも全てモカ、モカの港から出荷される豆が後にコーヒーと呼ばれるようになりました
a0143042_11571877.jpg
地図をよく見るとエチオピアには海が無いのがわかりますよね

当時エチオピアがコーヒーの豆をヨーロッパに送るためには一度対岸のイエメンのモカの港に集積してモカとして輸出するしかなかったんです

その名残から今でもエチオピア産もイエメン産もモカという名称で国際的に取引されているんです

それではエチオピアコーヒーの特徴は?

香味はスッキリとした爽やかな酸味と甘み、栽培方法は今でもフォレスト(原野)とかガーデン(庭先)での自生がほとんどです

つまり栽培というより野草と同じ自然の恵み、日本の山菜と同じ感覚ですね

a0143042_13204002.jpg

それでも1980年代になってからスペシャルティーコーヒーという概念が広がり始めエチオピアでもシングルオリジンへの取組が少しづつ始まりました

シングルオリジン(単一農園、単一品種)自生する在来種の中から良い品種を選び管理されたエリアで丁寧に栽培するコーヒーの事です

元々の原産国で自生しているくらいの環境ですから管理栽培のポテンシャルが高いのは当然のことです

その中からモカイルガチャフィーというコーヒー界のスターが生まれエチオピアコーヒーは一気に人気の的となりました

私が1990年代後半に初めてイルガチャフィーのウォッシュドをテイステイングした時の感動は今でも忘れられません

しかし、この素晴らしいエチオピアコーヒーがある出来事で3年以上も日本に1粒も輸入されない時期があり

更に、輸入再開後も当時の輝きをなくし輪郭のぼやけた品質のバラつきと雑味を感じさせストレスを感じさせ続けた問題豆となってしまったのです

その出来事とは日本で2006年5月施行されたポジティブリスト制度

残留農薬問題ですが実はコーヒーの豆ではなく一部の麻袋から殺虫剤、防かび剤の成分が極微量検出された結果

2008年~2011年エチオピアモカの輸入は禁止され続けたのです

例えば殺虫剤リンデンの主成分はコーヒー豆には 0.002ppm の基準値が適用されます

しかし、主食の米には 0.3ppm はくさいは1ppm ピーマンは 2ppm

コーヒーは焙煎の工程で全ての揮発性成分が燃焼する上に、熱湯で抽出フィルターリングすることから豆からの摂取成分は更に0.02%まで減少します

ではお米は100倍以上の基準値で100%が炊飯されるので100×100=10,000 何と1万倍ものリスクが認められています

ビーマンに至っては10万倍ということになりますよね

このような不公平な輸入基準を輸出国のエチオピアも欧米からも冷たい視線が注がれ続けました

この出来事と同時期に、いやもしかしたらエチオピアの対抗措置ともいえるかもしれない重大な変化

ECX制 Ethiopia Commodity Exchange (エチオピア コモディティー エクスチェンジ)

直訳すると「エチオピア商品取引所」全てのコーヒーが国営の取引所に集積され管理販売される事態となってしまいました
a0143042_13055307.jpg


このことが与えた影響については浅野さんのコーヒーを語る上で、とても重要なポイントとなりますので

次の投稿でじっくりと書き進めさせて頂きます
















[PR]

by coffeecolors | 2017-08-29 13:22 | 浅野さんのモカ


<< エチオピアコーヒーの今 その3...      エチオピアコーヒーの今 その1... >>