COFFEE COLORS ロースター&バリスタ

ccolors.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 5 )


2017年 09月 03日

エチオピアコーヒーの今 その6 METAD社ってどんな会社

浅野さんが所属する企業の名はMETAD(メタッド農業開発株式会社)

今回のこの会社の歴史と成り立ち、そしてビジョンについてお伝えいたします

a0143042_13122801.png

メタッド社の物語は1人の女性からか始まりました

現最高経営責任者アマン・アディニュー氏の祖母ムルエメベット・エミルは1934年アフリカ初の女性パイロットとなりました。

そして第二次世界大戦後、祖母が褒章としてもらったハラールとシダモ、その両地方の農地は野生のコーヒーの木ばかりが生い茂っている土地でした。

そこで祖母エミルは祖父の手を借りて、その地域の農地を一大コーヒー農園に作り変えコーヒーの栽培や取引の伝統を3世代にわたって受け継いできました。


a0143042_13140569.jpg

メタッド社の基本的な企業理念は、「責任感の強い良き隣人としての企業たれ」

エチオピアの市民やコーヒー農家の社会的利益となるプログラムを提供することです

地域社会に配慮し企業文化の中心には、誠実に行動し、地域社会に忠実であり、活力を与えたいという思いがあります。

ビジネスのあらゆる場面で、常に透明性ある事業を行うことでエチオピアの経済界や政府機関、財界と共にエチオピア国内の経済発展に貢献しています。

メタッド社の作るコーヒーの特徴は何と言っても他を凌駕する品質基準

収穫、加工、輸送の全工程で業界でも類を見ない品質基準を適用し最高級コーヒーのみを提供しています。


研究所認定に際してメタッド社CEOアマン・アディニュー氏を祝福するアメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)理事スキップ・フィンレー氏


a0143042_13174482.jpg

さらに地域社会を中心とする事業モデル、バリューチェーン全体に働きかける努力を推進しています。

コーヒー農園以外にも、紅茶、オイル、固形燃料、化粧品、コーヒーの花から取れる蜂蜜、コーヒーの木の「間作物」としての香辛料などにもあります。

サスティナブルコーヒーのために、環境への配慮


a0143042_13164562.jpg

湿式加工で出る廃水を適切に処理し地下水や地表水の汚染を防止するなど、環境保護対策を施し、サステナビリティ実現という責任を果たすため、受粉対策のための養蜂技術や、土地利用効率向上のための「間作」などの新しい農業技術を駆使しています。

収益の一部を地域社会に還元し、診療所の建設や安全な飲料水を得るための井戸掘りなど、様々なプロジェクトを実施しています。

現地小学校を支援対象として、408名の生徒が必要としている物資の提供や財務的な支援を行っています。

また、米国NGO「グラウンズフォーヘルス」と提携しコーヒー農家や地域社会とともに、女性の子宮頚がん対策に取り組んでいます。

a0143042_13215831.jpg


浅野さんは今、メタッド社の日本市場開拓の担当者として来日し大手商社や企業に依存することなく、自らの足で我々地方のロースターまで直接コンタクトを取りながら2016産のアラカ生豆のプロモーションに回っています

次回は浅野さんがメタッド社のアマンCOOから与えられた日本市場でのミッションについてお伝えいたします




[PR]

by coffeecolors | 2017-09-03 14:20
2013年 11月 01日

ブルンジという国を ご存知ですか?

ブルンジ共和国

中央アフリカのタンザニア、ルワンダと接する国ですが・・・

a0143042_1594879.jpg



実は昔はドイツが植民地としてこの3つの国を束ねて
「ドイツ領東アフリカ」という1つの地域として支配していました

そこにはツチという多数派85%もの農耕民族と
フツという少数派14%の放牧民族が暮らしており

ずんぐりして色の黒いツチは平地の畑づくりに対し
浅い褐色で手足がスラ~っと長いフツ族は山岳地帯で放牧

お互いのんびりと平和に仲良く暮らしていたのですが


ドイツとベルギーがこの地域を激しく取り合いが始まり

近代化と軍事化を進めるため少数派で優秀とされるフツを
支配側中間層として

ツチを支配下層として階層化した結果終わりの無い
激しく悲しい内戦となってしまっいました

その時に使われていた武器は、アメリカ、ソ連の東西冷戦時代に
たまりにたまった古い武器で先進国は競うように中古の銃や火器を
売り込んだのです

軍事の近代化を急ぐ先進各国にとってはもはや必要のない古い武器の
在庫処分とリサイクル販売の最大のお得意先さんにしか見えないようで

国連の再三の介入にも武器の最大供給元のフランスをはじめ、欧米各国
は見て見ぬふりをした結果、ルワンダもブルンジも考えられない多くの
犠牲を出しました

未だに政府軍とゲリラ軍に分かれ小競り合いが絶えないようで停戦合意
には至っていないのですが・・・

数年前にお隣のルワンダで画期的な取組みが世界のスポットを浴びました

「アフリカンドリーム、コーヒーがルワンダを救う」

日本でもNHK特集で大きな話題となりましたが

要約すると   

内戦終了後、100万人以上の大虐殺でルワンダは経済的にも政治的にも
疲弊尽くし人々は生きる望みを失っていました

そんなルワンダの民衆が唯一の外貨を得ることが出来たコーヒー豆

昔から奴隷同然の扱いで㎏数十円で白人から搾取されていたコーヒーは
その香味の素晴らしさからヨーロッパでは珍重される逸品でした

消費地のコーヒーの世界でもスペシャルティーコーヒーという新たな概念

良質のコーヒーを高く買うことで生産者と環境を守ることで持続継続的に
WINWINの関係つまりフェアートレードを推進していました

その結果、数十円のコーヒーが数百円に跳ね上がり所得が10倍以上に
なったコーヒーステーションのオーナー達がツチとフツを同等に雇用し
一緒に助け合って働いたお金で病院、学校、給食と子供たちの未来に
明るい光を注ぎ始めたのです

そしてついにあのビックニュースが!

アフリカ初のカップオブエクセレンスコンペがルワンダで開催され
コーヒーカラーズも買いましたが㎏1,800円~3,000円の高値で大成功

この売上は中間マージンを搾取されることなく全額が生産者に支払われ
数十円が数百円に、更に数千円 ということは

例えば 年間100万円の所得だったオーナーが 100倍の1億円になり

多くの成人男性が虐殺されたルワンダでは殆どが女性オーナーだった
ことから女性と子供たちを守る平和的で優しい社会インフラや事業資金
となって新たな活力を与えたのです


と、 前置きが非常に長~くなりましたが


ついに!  とうとう!  やっとで!!

アフリカ第2のカップオブエクセレンスコンペが

あの  ブルンジで開催されたのです!

明日のコーヒーカラーズ ビーンズネットショップ オープンの目玉商品
2012年 COE受賞豆 ブルンジ マーシャ ウォッシングステーション

ネットショップはこちら


限定20㎏しかありません! 絶対にお勧めです!!
[PR]

by coffeecolors | 2013-11-01 15:13
2012年 12月 16日

12月16日(日)お知らせです!

おはようございます! コーヒーカラーズ店主木村です
a0143042_93327.jpg

今朝の青森市、最低気温は午前1時時点のプラス3.1℃
(昨晩午後7時~今朝午前7時迄の最低値とします)
昨晩午後7時の積雪1cm 今朝7時積雪0cm
昨夜も時々静かに雨が降っていました

ということで本日の積雪割引きは 0% となります
詳しくはアップルウエザーHPで確認下さい→こちらをクリック

静かで未だ暗い雨の朝ですが今日は選挙の日です
早起きして投票を済ませ、ちょっとコーヒーでも飲みに来て下さい!063.gif
a0143042_9173526.jpg

追伸、美味しい自家製スコーン達も焼き立てでお待ちしています
   ※師匠OVEN39様の名を汚す事の無いよう弟子が毎日頑張って焼いていますョ029.gif
[PR]

by coffeecolors | 2012-12-16 09:27
2011年 01月 15日

本日、限定パスタやってます♪

本日より、新メニュー「土日限定ペスカトーレ(1180円)」始めました。

a0143042_12145895.jpg
a0143042_12151534.jpg

[PR]

by coffeecolors | 2011-01-15 12:15
2010年 03月 26日

モアリズム また来ます!

昨年の12月7日DONTAKUに登場したモアリズムがまたやっってきます!

2009年話題の邦画、笑福亭鶴瓶・瑛太主演の『Dear Doctor』の全音楽を担当
渋い歌声と軽快なアコースティックサウンドが心にしみます。
a0143042_10255375.jpg


しかーし! このバンドのすごさは抱腹絶倒のお笑いパフォーマンスだそうで・・・
一度見た人は、すっかり虜になる楽しい時間となるそうです。

今回は私も絶対見たいと思います! 当店にてチケット好評販売中!!
[PR]

by coffeecolors | 2010-03-26 10:30