COFFEE COLORS ロースター&バリスタ

ccolors.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 24日

第5話 ディードリッヒ ついに到着

2008年6月29日 コーヒーカラーズ第一号店オープンの2日前
ついにディードリッヒが青森に到着した

契約後に受注製造なので通常4カ月はかかるのだが、
無理を言って3ヶ月で届けてもらった


話しは少しさかのぼるが、退社を目前にしたある日のこと
ディードリッヒの日本総代理店N社のS社長から電話があり

「おたくのT部長さんと言う方が合いたいって言うんだけどサ」

直属の上司T事業部長がディードリッヒ焙煎機について
お話しを聞きたいとの申し出だそうだ

どうも、社長からの指示らしい

ロースター&カフェの構想を急遽推進する決定があり私が推した
ディードリッヒの導入を本気で考え始めた様子だった

S社長は断る方がいいのではとも言ったが・・・

私としては会社の新機軸として展開すれば必ず将来の展望が開ける
と確信していたので良いことだと思い、その旨だけを伝えた

その後の展開は急だった

私のIR-3より大型の機種を導入し既存の業務スーパーを
ロースター&カフェに改装する計画が一気に進んでいた

少し複雑な気持ちもあったがN社にとっても良い事だし
24年間お世話になった会社に対し少しでも良い足跡になればと思っていた

再び青森の新店前

S社長には本当にご足労をかけっぱなしだった
前日から青森に入り既に東京からの煙突職人2人と合流していた

コンテナから厳重に木枠で梱包されたディードリッヒがウインチで
始めて青森の街に下ろされた

そこからの作業は手早いもので見る見るうちに木枠が外され台車で
焙煎室に運ばれ排煙設備と接続された

都市ガスの規格が合わないトラブルはあったが急遽LPガスを手配し
テスト焙煎が始まった

先ずは一気に高温でダークローストまで焼き上げ窯の内部にコーヒーの
オイルをしみ込ませる

そしていよいよ初焙煎開始

1坪半くらいの極めて狭いコーヒー工房から青森の中心市街地に
コーヒーの香ばしい香りが流れ出した

感慨に浸っている暇はない、明日にはショーケースが入り明後日は
オープン初日、どんどん焙煎仕上げなければ間に合わない

新装改築した新店舗の床ワックスや塗装の匂いからコーヒー専門店の
香りに徐々に変わっていくのが良く分かる

出来たての焙煎豆をテイスティングすると、焼き立てで軽やかな味だが
クリアーでスムージー、甘みも申し分ない

数日後にはコクと深みが増し最高の状態になることがハッキリと分かる
本当に美味しいコーヒーだった

「オープン初日は、まだ少し軽めかな?」と思ったがフレッシュな感じが
コーヒーカラーズの船出に良く合うと自分自身に言い聞かせていた


次回 第6話 ベイブリッジ店との出会い に つづく




追伸、この物語はあくまでもフィクションとしてお読みください

あくまでも私のいい加減な記憶だけを書き綴ったものです

[PR]

by coffeecolors | 2013-02-24 08:49 | コーヒーカラーズ物語


<< 観測史上初の豪雪記録の最中に ...      2月24日(日)貸切りパーティ... >>