COFFEE COLORS ロースター&バリスタ

ccolors.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 20日

コーヒーカラーズのご案内


From Green to Brown

コーヒーには大きく分けてアグリカルチャー(農業文化)と、カフェカルチャー(飲食文化)の両側面があり前者をグリーン(緑色)後者をブラウン(茶色)とし、その間にある世界貿易による南北問題、環境問題を左右する大きな役割を担っています。
また、コーヒーは世界貿易額の第1位である原油に次ぐ2位にあり今後、枯渇する原油に対し今も成長し続け世界統計では水の次に飲まれている飲料として緑茶、紅茶圏を席捲しながら高度な嗜好文化を形成しました。
このことから諸問題を改善に向けて取組むフェアートレード、レインフォレスト、バードフレンドリー等のシンボル商品として先進国を中心に取組みが強化されています。


コーヒーカラーズ(店名の由来)

コーヒーの花(白色)果実(赤色・黄色)と彩りを加え焙煎において最終の香味の決め手は煎り止めのタイミングによるカラー(焙煎度合い)でライトローストからイタリアンローストまで8段階で決定します。
これらのコーヒーを彩る色達に親しみを込め、皆様の素敵なコーヒーライフを彩るお手伝いが出来ればと考えCOLORS(カラーズ)を店名としました。

a0143042_1627982.jpg


スペシャルティーコーヒーとは?

1982年に米国にて発足したSCAA(米国スペシャルティーコーヒー協会)最大の役割はコーヒーの栽培、焙煎、抽出技術の業界基準確立にありました。
その後、トレサビリティー(産地履歴)サスティナビリティー(持続可能性)フェアートレード(不公平貿易是正)等の消費者保護、世界環境保護、南北経済問題への積極的な取り組みを通し多大な社会貢献を推進してきました。
日本でも2003年SCAJ(日本スペシャルティーコーヒー協会)が発足しSCAE(同EU)
とともに3極での運営が始まり、現在では『コーヒーのカップにいたるすべての工程でベストが尽くされたものに与えられる称号』とのコンセンサスが生まれつつあります。
未だスペシャルティーコーヒーという名称に対する厳格な基準はありませんが、その名を冠し取り扱う者には3協会の目指す価値観に順じ共に前向きな成長と変革、貢献することが求められると考えます。

a0143042_16292712.jpg

2004年ANACAFEテイスティングルーム訪問




優れた原料生豆・最適な焙煎加工・徹底した鮮度管理

スペシャルティーコーヒーを中心とした各種認証コーヒー及び世界各国、各地域の優れた生豆を現在、最も理想的な焙煎が可能と評価の高い米国ディートリッヒ社製コーヒーロースターを県内で始めて導入し最適な焙煎技術と徹底した鮮度管理にてコーヒーの持つ本来の味と香りをお届けいたします。


3たてコーヒーのご提案
コーヒーは農産物(穀物)加工食品であることから品質の向上については、原料・加工・鮮度を最適化することが全てであり日持ち向上のための技術、加工、資材については必要最小限に留め
日本の蕎麦にある『挽きたて・打ちたて・ゆでたて』と同じ『焼きたて・挽きたて・淹れたて』いわゆる3たてコーヒーが最も求められる本物であると考えます。
その上で味の嗜好は人それぞれであり抽出器具やアレンジ、飲む環境、時間等によっても大きく変わることから最終的なカップの味を共同作業で創造することが『美味しいコーヒー』を仕上げるキーワードです。


基本抽出指導とオリジナルスタイル確立のお手伝い

良いコーヒーを美味しいカップで提供するためには抽出する器具の基本となる正しい使いかたをしっかりと身に付けることが必要であり、その上で独自のスタイルを確立します。
世界のあらゆるコーヒー抽出器具の基本と応用技術を分かりやすく伝えプロの方はもちろんですが一般のご家庭で楽しまれる皆様に向けての指導と相談を承ります。


               
テイスティングルーム(喫茶室)

当店のオリジナルブレンドはもちろん各産地のスペシャルティーコーヒーをストレートでお試しいただけるよう喫茶室を併設いたしております。
アレンジコーヒーや軽食、デザートのタイムサービス、ジュース、ソフトドリンクもご用意いたしますので、どちら様もお気軽に喫茶店代わりにご利用ください。
ご希望の方にはドリンクメニュー原材料、レシピ、抽出技術の全てを教えご自分で再現出来るようにご指導させていただきます。

a0143042_16553137.jpg


COFFEE COLORSの目指すもの

良質のコーヒーは生豆の品質、適切な加工技術、生鮮食品としての鮮度管理という条件を揃えることで人間の体に有効な医食同源のさまざまな効果が期待させます。
それ以上に新鮮なコーヒーのアロマ(香り)には精神を安定させることから発がん性の抑止効果があることが医学会で発表されており人間の五感とコラボレーションすることで現代人が抱えるストレス社会の中で素晴らしい癒し効果が期待されます。
この特性を活かしスペシャルティーコーヒーを通し地域社会の嗜好文化向上で豊かな精神文化の交流を計ります。
[PR]

by coffeecolors | 2009-11-20 17:12 | お知らせ


<< 2009ブラジル 新豆サンプル...      コーヒー豆全品3割増量セール >>