人気ブログランキング |

COFFEE COLORS ロースター&バリスタ

ccolors.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 14日

コーヒーミルの話2 (家庭用編)

美味しいコーヒーは「焙煎したて」「挽きたて」「淹れたて」の3たてが基本中の基本です。
お店でも、よく 「粉にしたコーヒーはどのくらいもちますか」と質問されますが・・・
当店で提供するコーヒーは全てオーダーを受けてからの「挽きたて」
もし間違えて挽いたり、ミルの粗さを確認いただくために挽いたものは、必ずそのまま処分します。

一方、粉の状態で冷蔵もしくは冷凍保管して1~2週間くらいは美味しく飲めますよ! とのお客様の声もあるます。
つまり、美味しさや鮮度の基準は、お飲みになられる方の賞味に耐えられる期限であり、その幅(ベスト&ベター)は人それぞれ違います。

ただ・・・良質のコーヒー本来の魅力を正確に楽しむためには、やはり絶対「挽きたて」が一番!
そこで、ご家庭でミルを購入する際のチェックポイントと機種別の長所、短所をご紹介します!!

先ずは、最初の1台目に最も多い「手動ミル」について・・・
a0143042_18193472.jpg

サイズやデザインはいろいろですが、長所は挽きむらが少ないこと、短所は手間と時間がかかりすぎること。
a0143042_18214939.jpg

コーヒーの粗さを、このネジとストッパーで微調整し固定できることが大きなポイントです。
1人~2人で静かにゆっくりとコーヒータイムを楽しまれるようなライフスタイルに最適です。

次が、2台目として購入されることの多いのが・・・
a0143042_18253220.jpg

長所は50gを10秒で中挽きにしてしまうスピード! 短所は挽きむらが多く粗さを固定できないこと。
a0143042_18271672.jpg

このプロペラ式カッターで短時間だと荒挽き、時間をかければかけるほど細挽きになります。
我が家でも10年くらい使いましたが、使い込むうちに挽き方もうまくなり香味も結構安定して来ますよ。
3人~5人くらいのご家庭で忙しい朝などには最適です。

最後にコーヒーマニア向け、家庭用ミルとしては究極の1台が・・・
a0143042_18314785.jpg

サイズは小さいですが業務用のカウンターミルとして開発されサイフォニスト大会でも使用されるプロユースです。
a0143042_18334045.jpg

スピード、刃の固定、挽きむらの少なさ・・・  いずれも短所なし!
唯一の短所と言えば28,875円と少々の贅沢品?
しかし、耐久性や香味の安定性を考えればコーヒーマニアとしては、いつかは欲しい憧れの的です。
店頭に現物がありますので、興味のある方は是非、直接触って見てください。

by coffeecolors | 2009-12-14 18:44 | コーヒー豆知識


<< おめでとうございます!      スターです! >>