COFFEE COLORS ロースター&バリスタ

ccolors.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいコーヒー ( 6 ) タグの人気記事


2013年 01月 23日

不幸の始まりかも知れません

少し前にある方と話したのですが・・・

本物を知る事、つまり本当に美味しいモノを知ってしまうのは

不幸の始まりかもしれません

小さい時にときめいた自動販売機の紙箱入りハンバーガー

少し前にスケート場にあるとのことで胸を躍らせガブリ

確かにこんな味だったような、紙箱の匂いも記憶通りなんですが・・・

全然美味しくない! こんな経験ありませんか?

そうです、人の味覚や感性は一度良い物を経験すると

後戻りできないんです

コーヒーも同じで良質の新鮮なコーヒーの味を一度でも認識してしまうと

普通のコーヒーがダメになってしまうんです

①高品質原料生豆の持つ香味の魅力

②焙煎してから3日~10日位の新鮮かつ味わい深い飲み頃

③適切な焙煎技術と焙煎機をコントロールできるロースター(焙煎者)

この3点が創りだす本物の高品質コーヒーの魅力を体感した貴方は

もはや、コーヒー難民なのです

一流ホテルのラウンジでも、高級レストランのコースでも

街自慢の自家焙煎専門店ですらダメなのです

交通費を掛けて遠くの有名店に足を運んでも

ネット通販で人気のコーヒー豆専門ショップに送ってもらっても

裏切られる方が多いんです

でも、少しずつですがこんなコーヒー難民を救済できるコーヒー店が

増え始めて来ました

私も北は北海道から南は名古屋までコーヒーの注文を頂きましたが

出来れば近くに気軽に買いに行ける良いコーヒー屋を紹介します

街自慢の蕎麦屋や豆腐屋のように毎日、近所の人のためにコツコツと

良い仕事をしている職人とおなじでコーヒー屋も決して特別なことをしておらず

真面目に良い仕事をしている店はすぐ分かります

ですから私が作るコーヒーは貴方を必ず幸せにします・・・  本当です!

美味しいコーヒーをお探しの貴方、コーヒーカラーズにお任せ下さい

もし遠くでご来店出来ないのであればお送りする事も出来ますが

やはりお近くにある良いお店を紹介させて頂きます

今コーヒー業界はモノづくりの原点回帰ともいえる大変換期

ヤル気のある真摯に取組むコーヒー野郎が必ず近くに居るはずです

近々良いお店が出来ます、私も出来る限りのサポートをしています

東北の南3県は即フォローできる規模のたのもしいパートナーです

彼らも不幸の始まりを幸福に変えてくれる力をもっています

こんな全国の独立系コーヒー専門店を私は敬意を込めて

『インディーズロースター』と呼んでいます

大手はメジャーロースター

系列下はマイナーロースター

ごく小規模はマイクロロースター

この括りにとらわれず尖がった個性と真摯な取組みで成長を目指すのが

独立系のインディーズロースターです

企業でも系列店でも組織化されたところには組織を守るための

信じられない内向きなルールやタブーが存在します

悪い事とは分かっていても消費者やお客様に伝える事の出来ない

いろんな縛りが多すぎるんです

本当のコーヒーの魅力を正しく伝えることが出来るのは

そんな独立系狼の集団しかいないんです

追伸、美味しいコーヒーを本気でご提供したいとお考えの貴方
コーヒーカラーズHPからお気軽にご相談下さい

もちろん無料です→こちらをクリック
[PR]

by coffeecolors | 2013-01-23 19:07 | 日々の出来事
2010年 02月 12日

お待たせしました!待望のモカイルガチャフィーです!!

2年間も本格輸入が出来なかったエチオピア産のコーヒーですが、ついに本格輸入まじか?との情報を入手しました。
そこで・・・ 大切に温存していた貴重なモカイルガチャフィーの生豆を一気に大放出いたします!!
a0143042_11271925.jpg

日本のポジティブリスト検査に対応できる品質管理体制がエチオピアで整備されたようで、まさに待望の輸入再開となりそうです。
a0143042_11302960.jpg

2月10日焙煎のモノを昨日と今日の2度カッピングしましたが、フルーティーでチョコのような深いコクもあり素晴らしい状態でした。
ニュークロップのときよりも円やかで落ち着いた風味があり、最高の飲み頃のような印象です。
a0143042_11334959.jpg

本日より14日までの半額セールに緊急特売品として急遽ラインナップしましたので是非、ご利用下さい。
a0143042_1137742.jpg

オープン当初に人気商品だったフローラルブレンドも近々発売できるかも? お楽しみに!!
[PR]

by coffeecolors | 2010-02-12 11:39 | お知らせ
2010年 02月 09日

今日のランチはホットサンドで!

当店のホットサンドは、新鮮野菜と厳選イタリア食材を使用し、日替わり品と定番のBLTサンドの2種類をご用意しています。
お飲み物は全メニューからお選びいただきセットで650円 追加の1杯はドリップコーヒーが100円カフェラテや、その他ドリンクは150円
追加はテイクアウトもOK 職場へのお持ち帰りも大歓迎です。
a0143042_1454334.jpg

そして・・・ 辛口派の間で、ひそかなブームになりつつあるのがコレ
a0143042_1531928.jpg

中南米ベーリーズ特産の世界一辛いと言われるハバネロホットソースです。
a0143042_1544574.jpg

当店ではマイルドに仕上げた中辛と、しっかり辛い大辛の2種類をご用意しています。
うちでは取り扱いしていませんが、ほかに辛すぎて食べれないと言われる激辛、サボテン入りのグリーンハバネロがありますョ
a0143042_1572625.jpg

和洋中どの料理にも馴染み少し加えるだけでピリ辛風味に大変身、お酒のお供に最適です。
店内での販売もしていますので辛いもの好きの方は是非一度お試しあれ。
暴君ハバネロが君の挑戦を待っているぞ!!
[PR]

by coffeecolors | 2010-02-09 15:15 | お知らせ
2009年 12月 01日

COFFEE COLORSのロゴです!

スペシャルティーコーヒー豆の専門店をオープンすることを決めた時、最初に作ったロゴ原案です。
テーマはGreen to Brown(緑から茶色へ) 最初はこれでも満足していたのですが・・・
a0143042_1574693.jpg


プロのデザイナーとコンセプトを詰めて2週間かけ3度ほどやり直した結果がこれ! さすがです・・・
a0143042_1515244.jpg


コーヒー原産地の農業文化(アグリカルチャー)と消費国の嗜好品文化(カフェカルチャー)
生産者と消費者のWin Winの関係のために微力ながら貢献出来ればと考えました。

背景のグラデーションは、サスティナビリティーとトレーサビリティーそしてフェアートレードの精神をイメージしています。

立派すぎる理想、理念ですが・・・

とにかく、ロゴに負けないよう日々、一生懸命に美味しいコーヒーを提供したいと思います。
[PR]

by coffeecolors | 2009-12-01 15:48 | 日々の出来事
2009年 11月 30日

深煎り? 浅煎り? 良い焙煎とは??

コーヒーの香味を決定する最も重要なプロセスが焙煎(ロースト)です。

①ライトロースト   ②シナモンロースト   ③ミディアムロースト ④ハイロースト
⑤シティーロースト ⑥フルシティーロースト ⑦フレンチロースト  ⑧イタリアンロースト

以上、8段階で表示されますが各社、各店で微妙に基準が違います。
では、適正な焙煎とは? これについても様々な好みや考え方があり同じ豆でも表現が千差万別と言っても過言ではありません。

ただ・・・私が考える良い焙煎と悪い焙煎について少しご紹介させていただきます。

深煎り、浅煎りなど極端な焙煎度合いのコントロールで、いたずらに香味を変化させるこで、生豆の持つ本来のキャラクターを消し、違う表現をするような焙煎は悪い焙煎だと思います。
結果として本来出るはずのコク(ボディー)が薄くなったり、良質の酸味が消えて焦げたような極端な苦みが出るようであれば、良質の生豆を使用する意味がありません。
a0143042_11532628.jpg


たとえば・・・モカのウォッシュドを浅煎りしたら?
旨みに変わる独特の酸味がきつい酸として残るだけではなく、本来出るはずのコクが表現できずに、ただ薄くて酸っぱいコーヒーになってしまいます。

ブルーマウンテンを深煎りしたら?
苦いだけのコーヒーとなってしまい繊細な甘みとクリアーな味わいが消されてしまいます。
COEでハイスコアを出したトップオブトップなどは、良質の酸味が甘みが消えるほどの焙煎を入れすぎると非常にもったいないことになってしまいます。

では、私が考える良い焙煎とは?
焙煎度合いで香味を付けるのではなく、生豆の持つキャラクターを最大限に引き出してやるようなイメージで、生豆の持つ水分を利用して芯からふっくらと煎り上げます。

結果として、細かなハニカム(蜂の巣)のような構造をもつコーヒー豆内部を、壊すことなく最大限にふくらませてやることで豊かで濃厚なアロマとコーヒーエキスを引き出す事が出来ます。
ポイントは、良質の酸味(アシディティー)が甘みになって消えていく瞬間をしっかりと、とらえることが良い焙煎だと考えます。

自分の一時的な好みや、流行に流されることなく豆のキャラクター(個性)と、しっかりと向き合いながら会話するような丁寧な焙煎。

まるで人との出会いや、ふれあいのように一期一会の気持ちを込めて・・・
[PR]

by coffeecolors | 2009-11-30 13:22 | コーヒー豆知識
2009年 11月 30日

冬のコーヒーギフトセールです!

明日から12月、大切な人へ日頃の感謝をこめて焙煎したてのコーヒーギフトはいかがでしょうか?
ご注文を頂いてから焙煎し3日以内にお渡し致します。  只今、青森市内、県内の送料はサービスさせていただきますのでお早めにご予約下さい。
a0143042_11163774.jpg


価格については下のパンフレットをご覧ください!

内容はコーヒー豆、紅茶、焼き菓子等の詰め合わせお好みで、いかようにも変更できます。
ご予算とご希望を申し付けくだされば1,500円~5,000円位で、きっとご満足いただける内容をご提案させて頂きますのでお気軽にご相談ください。
a0143042_11214550.jpg

[PR]

by coffeecolors | 2009-11-30 11:24 | セール